花粉症でもマツエクを付けたい!そんな方におすすめの3つのルール

もう4月も下旬になりましたね。

そろそろ花粉症の症状も楽になってきた方も多いのではないでしょうか?

とはいえまだまだ飛び散る花粉…

スギはゴールデンウィークで終わりますがヒノキ、秋になればブタクサなども飛んでいますね…。

そこで気になるのが花粉症の時期ってマツエクはどうするべき?!ということです。今日はマツエクを控えるべき理由と、それでもつけたい方へおすすめの方法をお伝えします。

花粉症の時期はマツエクは控えるべき?

花粉症の時期にマツエクを控えられる方は、

“目を擦ってしまう”

“目薬をよく刺すので取れやすい”

などというお悩みがあるのではないでしょうか?

実際花粉症をお持ちのお客様は、症状がひどい時期はマツエクをお休みされる方が多いですし、正しい選択だと思います。

なぜならマツエクは摩擦に非常に弱いです。

花粉症の症状がひどい時に目を擦ってしまうと、摩擦によりマツエクが取れやすくなってしまいます。

また、症状が酷くて目薬を刺す方はまつ毛が水分に触れる機会が多くなってしまうのでそういった原因からもモチが悪くなる可能性となります。

ですので花粉症の時期に目元の症状がひどい方はお休みすることをおすすめしてるのですが…

花粉症がひどくてもマツエクはやめられない時はどうするべき?

ですが

「マツエクがついてないなんて無理!」

という方もいらっしゃいますよね。

実際私も花粉症もちですがマツエクがないと無理です…。

マツエクがないと絶対無理な方に、花粉症の時期の施術やお手入れ法についてのポイントです。

①かゆいのは我慢してまつげはこすらない!!

先程も述べましたが摩擦はマツエクの大敵です。ですのでかゆくても目を擦るのは我慢してください。目薬を指す場合は、水分をきちんと拭き取ること。

②施術の際に目頭を空けてつける

それでもかゆくてこすりたくなりますよね。実際私もしている方法なのですが、施術の際に目頭を通常より広めに空けて着けています。目頭の毛はほとんどの方が細く、短いです。ですのでただでさえ取れやすい目頭のエクステも、擦ってすぐとれてしまうなら初めからすこ〜し、いつもより空けてつけることをおすすめします。

③いつもよりメンテナンスを早めにする

それでも無意識のうちに触ってしまい、花粉症の時期はとれるのがいつもより早く感じると思います。

そんなときはいつもより一週間くらい早めにメンテナンスに行くと、キレイな状態を保てます★

個人差はありますが、お化粧がすぐ涙や目薬で取れてしまう花粉症の時こそマツエクついていたほうが楽ですよね。

マツエクを控えるか、それでもつけるのをキープするかのぜひ参考にしてくださいね!